お金稼ぎ

【在宅ワーク】家でお金を稼ぐ方法4つ(副業・アルバイトとしても可能)

この記事を読んでほしい人

  • 副業で収入を得たいサラリーマン
  • 子育て中で外へ働きに出れないお母さん
  • 将来について不安を抱えている大学生

この記事では、サラリーマンをしながら様々な在宅ワークをしてきた筆者が、家にいながらお金を稼ぐ方法4つ紹介します。

家でお金を稼ぐ方法4つ

さっそく、その4つを紹介します。

おすすめ度 難易度 収入額
ブログ ★★★★★ ★★★★


★★★★★
クラウド
ソーシング
★★★★ ★★

★★★
YouTube ★★★★ ★★★★★

★★★★★
ポイント
サイト
★★★

★★

それでは、これら4つについて「難易度」「得られる収入」「おすすめする理由」を紹介します。

ブログ

難易度 ★ ★ ★ ★
収入   ~  ★ ★ ★ ★ ★
おすすめ度 ★ ★ ★ ★ ★

ブログとは、インターネット上にのせる記事のことをいいます。

自分のブログサイトを運営し、そこに記事を書くことによってお金を稼ぎます。

なんでお金が稼げるの?

ブログには広告を貼ることができます。

広告を見た人が、その広告をクリックしたり、商品を購入すると、お金がもらえるようになっています。

難易度 ★★★★

ブログの難易度は高く、100記事を書いてようやく収益が出るといわれます。

また、サイトへのアクセス者数を増やすためのSEO対策やTwitterなどのSNS発信が必要になります。

そういった点では難易度は高めだといえるでしょう。

得られる収入 ★~★★★★★

ブログは広告によってお金を稼ぎます。

そのため、広告がクリックされなかった場合は0円です。

その反対に、商品を1個売ると10,000円というものもあり、月に数百万円稼ぐブロガーもいます。

ちなみに筆者は20記事で月に1,000円の収益を得ることができています。

おすすめする理由

(おすすめ度:★★★★★)

ブログは難易度が高い反面、普通に仕事をしていては得られない金額のお金を稼げる可能性があります。

また、一度書いた記事はインターネット上に残り、勝手にお金を稼いでくれます。

つまり資産性が高く、本業以外に別の収入源を作ることができます。

このような理由から、筆者はブログを一番おすすめしています。

デメリット

ブログを書くためには「サーバー」と「ドメイン」が必要になります。

これらは月額(年額)が発生するため、ブログサイトを運営するためにはお金がかかります。(月あたり500円〜2,000円程度)

※筆者は月に1,000円の収入があるため、とんとん(ちょいプラス)です。

筆者もそうでしたが、お金を稼ぐためにお金を払うことに抵抗がある人もいると思います。

ですが、まずはやってみないことにはお金を稼げません

筆者は、今回紹介する5つの中でブログに一番の可能性を感じています。

もし、ブログに興味を持った方は、以下の記事でブログの始め方などを、もう少し詳しく解説していますので、ご覧ください。

【初心者用】ブログで稼ぐ仕組みと始め方を解説します。

続きを見る

クラウドソーシング

難易度 ★ ★
収入   ~  ★ ★ ★
おすすめ度 ★ ★ ★ ★

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業(依頼者)と契約し、仕事をすることです。

ドラマの感想をまとめたり、単純なデータ入力などの簡単な仕事や、プログラミングやデザインなどの専門的な知識を必要とする仕事があります。

難易度 ★★

クラウドソーシングは無料のアカウント登録だけで仕事を受けることができます。

また、いろいろな仕事がありますので、自分が得意なこと、経験をしたことを仕事にして、お金を稼ぐことができます。

そのため、難易度はそこまで高くありません

得られる収入 ★~★★★

仕事の内容によって稼げる金額は変わってきます。

例えば、データ入力であれば1案件5,000円、プログラミングであれば1案件50,000円などがあります。

仕事のスピードがはやければ、多くの案件を対応できるので、多くのお金を稼ぐことができます。

その反面、1つの案件に時間をかけすぎると時給に計算したときに100円を切ることもあります。

そのため、稼げる金額は人によって変わってきます。

※筆者はExcelのVBAが得意なので、実際にプログラミングの案件で50,000円稼いだことがあります。(時給にすると2,000円ぐらいでした)

おすすめする理由

(おすすめ度:★★★★)

クラウドソーシングは、そこまで大きなお金を稼ぐことはできませんが、自分の好きな時間、空いた時間に仕事ができるというメリットがあります。(もちろん納期はまもってください。)

また、世の中でどういったスキルが求められているのかを知ることができます。

そういった点から筆者はクラウドソーシングをおすすめしています。

デメリット

クラウドソーシングで仕事をする人が増えているため、なかなか仕事を契約できません。

そのため、こまめにサイトをチェックして、複数の契約に申請する必要があります。

※筆者は20件ほど申請して、ようやく1件の契約ができています。

なかなか契約できないというデメリットはありますが、案件を確認すだけでも世の中の勉強になりますので、無料のアカウントを作成しておくことをおすすめします。

以下に筆者も使っているおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

【Bizseek(おすすめ!)】※登録者が少ないから仕事を契約しやすい

Bizseek

【クラウドワークス】※業界No1!とりあえず会員登録をしておくとよい

クラウドワークス

【ココナラ】※自分のスキルを売るタイプ

ココナラ

YouTube

難易度 ★ ★ ★ ★ ★
収入   ~  ★ ★ ★ ★ ★
おすすめ度 ★ ★ ★ ★

なんでお金が稼げるの?

YouTubeでは、自分で作った動画に広告を載せることができます。

動画の最初や途中で広告を流すことによってお金を稼ぐことができます。

難易度 ★★★★★

YouTubeは無料で動画を投稿できますが、動画のテーマを決めたりを動画をつくるまでにかなりの時間がかかります。

また、お金を稼ぐためには、チャンネル登録者数1000人以上過去12か月の動画再生時間4,000時間以上が必要となります。

そういった点では難易度はかなり高めだといえるでしょう。

得られる収入 ★~★★★★★

YouTubeは登録者数や、再生時間によって稼げる金額が違います。

そもそも、「難易度」のところで説明した条件をクリアしないと0円です。

その反対に、人気YouTuberは年に数億稼いでるともいわれます。

おすすめする理由

(おすすめ度:★★★★)

ブログと同じようにYouTubeは難易度が高い反面、普通に仕事をしていては得られない金額のお金を稼げる可能性があります。

また、YouTubeとブログの両方をやっている人からの情報では、YouTubeのほうが圧倒的に単価が高いと言っています。

このような理由から、筆者はYouTubeをおすすめしています。

デメリット

お金を稼ぐまでに時間がかかることがデメリットです。

※筆者はお金を稼ぐ前に断念しました。

筆者はお金を稼ぐ前に辞めてしましまいましたが、ブログが軌道にのったらYouTubeを復活させるつもりです。

なぜなら、ブログで自分のYouTubeを紹介できるからです。

また、逆にYouTubeからブログに人を誘導することもできます。

YouTubeを始めてみたい方は、ブログもあわせて始めることをおすすめします。

ポイントサイト

難易度
収入   ~  ★ ★
おすすめ度 ★ ★ ★

ポイントサイトとは、アンケートや広告をクリックしてポイントを稼ぐサイトのことです。

難易度 ★

ポイントサイトは無料のアカウント登録を行えばすぐに始めることができます。

難易度はかなり低いです。

得られる収入 ★~★★

難易度が低い分、稼げる金額は少なくなります。

月に1,000円稼げれば良いほうです。

おすすめする理由

(おすすめ度:★★★)

稼げるお金は少ないのですが、圧倒的に難易度が低くおすすめです。

3か月で一回の飲み会代が浮くと考えるといいでしょう。

デメリット

スマホでポチポチするだけなので、自分のスキルアップにはつながりません。

作業したわりに、お金が稼げません。

お金はあまり稼げないけど、テレビを見ながらでもできるので、とりあえずやってみるのもいいと思います。

なお、筆者はその時間をブログ運営にまわしたため、最近はあまりやっていませんが、筆者が使っていたポイントサイトを紹介しておきます。

もし、興味がある方は、とりあえず一回やってみるといいと思います。

【ポイぷる(おすすめ!)】※友達が稼ぐと自分にもお金が入る

ポイぷる

 

【ちょびリッチ】※昔からあるサイトなので安心

ちょびリッチ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

家にいながらお金を稼ぐ方法はいろいろあります。

まずは、どれでもいいので、試しにやってみてお金を稼いでみましょう。

この記事が在宅で仕事をするきっかけになったら幸いです。

-お金稼ぎ

Copyright© WorkSnow(スノウブログ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.